トヨタ ヴェルファイア ヒッチメンバー取り付けレポート

ヒッチメンバーの取り付け事例を紹介します。

今回取付けたのは

【 取り付けた車 】トヨタ ヴェルファイア

【製品名】SOREX(ソレックス)アルファード/ヴェルファイア 30系 NEWスチールヒッチメンバー Cクラス

【品番】SRX-HT-T-155N

■適合情報
車メーカー:トヨタ
車種:アルファード/ヴェルファイア 30系
型式:DBA-AGH30/35W、DBA-GGH30/35W、DAA-AYH30W[ハイブリッド]他

[ヒッチメンバーの仕様]
ヒッチメンバー形状 :オーバル型
等級(牽引クラス) :C(750kg)
標準ボールマウントと方向 :B-9 UP

補足事項
※グレードS・Z対応
※要穴開け(φ30×2、φ10→φ13)、左側リアカバーカット加工
※モデリスタ取付不可
※トレーラー配線連結時に牽引車、連結するトレーラーによっては、警告灯の点灯や灯火類に不具合が発生する場合がございます。
不具合が発生した場合は、リレー配線などの処置が必要になりますので、牽引車またはトレーラーをご購入の販売店にご相談ください。

 

【今回の取付所要時間】2時間 ( 本体取付1時間  配線1時間 )※取付スタッフ:取り付け説明書不要の大ベテラン

【取り付け手順】

1、リアバンパーと、車両左フレームについているアンダーカバーを外します。

2、車両左右フレームの片側2か所のグロメットを外し、後方側のΦ10の既存穴をΦ13に加工します。ドリルなどの工具が入らないのでマフラーをフリーにします。

注意:加工前に左右ステーをフレームに当て、穴位置等を確認してから穴開け加工を行ってください。

3、2で開けた穴より前方の位置にΦ30の穴を開けます。

4、3で開けた穴よりナットプレートを入れて、左右のステーを指定のボルトを仮締めします。

5、左右ステーとメンバー本体を仮締めしてください。

6、全体のバランスを確認すべてのボルトを本締めします。

7、左側フレームのアンダーカバーと左ステーが緩衝する部分をカットして、アンダーカバーを取り付けます。

8、電気配線をつなげます。

 

【ヒッチメンバーに取付に対し、苦労したこと・注意すること】
<本体取り付け>
バンパーの取り外しは気付き辛い所の固定ボルトなどに注意が必要です。
マフラーをずらしてナットプレート挿入用の穴を開ける時に、マフラーのずらす力加減や保持に注意して作業する必要があります。

<配線>
バンパーが外れているので配線の取り回しは他のヒッチメンバーと比較して楽ですが、熟れていないと配線の取り回しで迷うかもしれません。

【取付け画像】

P3040007

P3040009

P3040010

適合するヒッチメンバーをお探しの方はこちらから確認頂けます!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ