ダイハツ ハイゼットトラック(型式:EBD-S510P) ヒッチメンバー取り付けレポート

ヒッチメンバーの取り付け事例を紹介します。

今回取付けたのは

【 取り付けた車 】ダイハツ ハイゼットトラック (型式:EBD-S510P)

【製品名】SUNTREX(サントレックス) ハイゼットトラック タグマスターヒッチメンバー STD(スチール) Aクラス

【品番】TUG-TM901050

■適合情報
[適合車種]
車メーカー::ダイハツ
車種 :ハイゼットトラック
年式 H26.12~
型式 :EBD-S500P、EBD-S510P

[ヒッチメンバーの仕様]
牽引クラス: A(トレーラー車両総重量500kg未満) ※尚、牽引クラスは、ヒッチメンバーの強度・耐久性能を示すものであり、連結検討書における【牽引能力】を示すものではありませんのでご注意下さい。
ハーネス形状 汎用
穴あけ数:6
メーカー装着目安 3.5時間
標準ボールマウント 上-1
補足事項 適合グレード:ジャンボ、スタンダード
【今回の取付所要時間】約5時間 ( 本体取付 4時間  配線 1時間 ) ※取り付け担当:様々なヒッチメンバーを取り浸け、同モデルのヒッチメンバーもなんども取り付けた実績のあるベテランスタッフ

【取り付け手順】

1、車体からナンバープレートを取り外します。

2、説明書を参考に車両フレームの下面に15㎜の穴開けや、穴の拡張を行います。

3、左右の車両フレームにナットプレートを差し入れる為の20㎜×40㎜穴を開けます。

4、2であけた穴からナットプレートを車フレーム奥まで差し入れます。

5、左右のヒッチメンバーサイドブラケットを車体に仮締めします。

6、仮締めされているサイドブラケットへクロスメンバーを取り付けます。

7、全体のバランスを取りながら本締めを行います。

8、電気配線を行いコネクターを取り付けます。

9、1で取り外したナンバープレートを移設キットを使い取り付けます。

 

<取り付け担当者コメント>【ヒッチメンバーの取付に対し、苦労したこと・注意すること】

このヒッチメンバーの取付けは複数の穴開け加工が必要で、作業内容も他と比べ複雑で、さらに車の個体差により穴位置の合わせも大変です。

そのため、できれば取り付け実績のあるショップに依頼したほうが無難だと思います。

 

【取付け画像】
P3030002

P3030003

P3030004

 

このヒッチメンバーの取り付けは2018年3月に愛知県のネオスポーツで行われました。

適合するソレックス&サントレックスヒッチメンバーをお探しの方はこちらから確認頂けます!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ヒッチメンバーとは

ヒッチメンバーとは…
ヒッチメンバーとは、ボートトレーラーやキャンピングカーなどをけん引する時に、車にトレーラーを接続するための連結装置です。トレーラーをけん引しようと思えばヒッチメンバーは必ず必要になります。海外のRV車では標準でヒッチメンバーが装着されているモデルもあります。日本車でもかつては三菱パジェロやトヨタランドクルーザーには装着が簡単なブラケットタイプ対応モデルがありました。しかし、一般的には新たにヒッチメンバーを購入して取り付けなくてはなりません。

ヒッチメンバーを購入したい時は…
では、ヒッチメンバーはどこで購入できるのでしょうか。
車両総重量(最大積載重量+トレーラー自重)が750㎏くらいまでのトレーラーをけん引するなら既成の適合品が多く販売されており、当店のような通販ショップで購入することができます。またボート販売店の多くがヒッチメンバーを取り扱っています。通販ショップは便利ですが、取り付け作業のことが不安な方はボート屋さんに相談するのが良いでしょう。自動車屋さんは意外にヒッチメンバーを取り扱っていませんが、取り付け作業は受けてくれるところが多いようです。通販でヒッチメンバーを購入して馴染みのモータースさんで取り付けてもらうお客様も少なくありません。

適合品の調べ方…
通販ショップで適合検索システムを用意しているのは当店だけだと思います。けん引する車の車検証に記載されている型式を調べて上の『ヒッチメンバー適合検索システム』バナーをクリックして当店のヒッチメンバー通販サイトにアクセスしてください。車種によってはグレード等の情報が必要な場合があります。

特殊なヒッチメンバーは…
適合品が市販されていなかったり、車両総重量が750㎏を超えるトレーラーをけん引できる特殊なヒッチメンバーはどうすれば良いのか。現車に合わせてワンオフで製作できる鉄工所や専門店を探す必要があります。けん引車に大きな負担がかかるケースでは、車側の補強も必要になりますので、ノウハウや経験を持ったところが望ましいでしょう。残念ながら当店の取扱範疇ではありませんので参考になる情報を提供できません。

取り付け作業は個人でもできるのか…
車種によって装着難易度は違います。ボルトオンで取り付けできるものなら個人でも十分に可能です。車のシャーシーに穴あけなどの加工が必要になると専門家に任せた方が無難です。

ヒッチメンバーの材質について…
ヒッチメンバーの材質にはスチールとステンレスがあります。スチールは比較的安価です。ステンレスは高額ですが錆びに強く光沢のあるシルバーが車に映えます。ただしステンレスモデルでもブラケット部分はスチールです。スチールは粘りがあるので強い衝撃を受けてもちぎれないからです。当店では約7割のお客様がスチール、3割がステンレスヒッチを購入されます。

変わった形状のヒッチボールを見ました…
日本で見られるほとんどのヒッチメンバーはボールマウント型です。アメリカで広く普及しているタイプで、マウントが取り外せるので使用しない時は仕舞っておけます。目にすることは稀ですが、ヨーロッパで普及しているスワンネック型があります。文字通り白鳥の首のように伸びた形状がややスマートな気がします。上下で挟み込むピンドルフックタイプもありますが、悪路走行やレスキューフックなど特殊な用途の場合に限定されます。

ヒッチメンバーを選ぶポイント
みなさんが気にされるのは、強度、装着後の外観、材質です。
強度についてはモデルごとに能力重量がありますので、購入する際にしっかり確認しましょう。能力重量は[最大積載重量+自重]です。同じ能力のヒッチメンバーでもやはりブランド品が安心です。当店ではソレックスとタグマスターのヒッチメンバーを販売していますが、国内のシェアはこの2社がトップ2と言われています。対応モデルも豊富で、品質基準・検査・管理についても信頼できます。
見栄えはモデルによって千差万別ですので一概に言えません。当サイトやその他サイトで画像が掲載されているものがあれば参考にしてください。当店ではご希望に応じて取付図面を用意しておりますので、装着後の外観をイメージするのにお役立てください。

ヒッチメンバーは改造申請が必要なのか…
ボルトで取り外しができるタイプのヒッチメンバーは改造申請の対象にならないとしています。ただし、ヒッチメンバーを明確に規定する法律はなく(201611月現在)、検査場によって判断が分かれる可能性は否めないようです。

サイト運営

株式会社ジェイエスピー
第三営業部 ネオネットマリン
http://www.neonet-marine.com/

〒444-0124
愛知県額田郡幸田町深溝大角豆田1-1
営業時間: AM10:00 – PM6:00
定休日: 土曜、日曜 
TEL 0564-56-1000
FAX 0564-56-0011
E-Mail neonet@jsp21.co.jp

関連リンク集

このページの先頭へ